読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊たちの沈黙シリーズを観た

REVIEW

羊たちの沈黙ハンニバルレッド・ドラゴンを観た。

犯罪心理の権威として名高い精神科医、ハンニバル・レクター。しかしその本性は、殺害した被害者の肉を食べる連続殺人鬼だった。
レクターが逮捕されたあとも、その優れた精神分析力を頼り、FBIはレクターに協力を要請する。
レクターは独房から犯人像をプロファイリングする。という感じのお話。

羊たちの沈黙」は、その気味悪いジャケットだけ印象に残っていていつか観てみたいと思っていた映画。
映画全体に漂う不気味さと緊張感がとても好みだった。独房の中にいるにもかかわらず、レクターの恐ろしさは薄れるどころかはっきりとした輪郭を持ってあらわれていた。カメラワークも多分すごく凝ってる。駆け引きのシーンなんかでは、微妙に振れる力関係が細かく表現されているように感じた。そうした「小手先」みたいな部分を、私はあまり気にして観る方ではないんだけど、この映画の繊細さはとても緊張感を生んでいた。あと、レクター役のアンソニー・ホプキンスが魅力的だった。怖くてきれい。実際、その部分が、続編を観ようと思った決め手でもある。

そして「ハンニバル」、「レッド・ドラゴン」と続くわけだけど、だいたい話の内容は同じ。面白さで言ったら 羊たちの沈黙>レッド・ドラゴン>ハンニバル かな。ただ、どれも面白かった。「羊たちの沈黙」が気に入ったのなら、続編も観て損はない。これを機に、トマス・ハリスの原作も読んでみたい。


レクターの放つ言葉にはいつも不思議な魅力と酔うような甘美さがあるな。とても美味しそうだから私は絶対に近寄らないだろう。逆に飲み込まれてしまいそう。