どうでもいいからあなたの文章を見せてください、私と喋ってください、頼みます。私にはもうそれしかないんだ。